実家に帰省して、甥っ子や親戚の男の子の遊び相手になって、

筋肉痛と擦り傷、腰痛のせいで中々更新出来ませんでした。

でも夜は実家の薄暗くて涼やかな書斎で、ゆっくりお酒飲みながら、

少しづつ編集作業を進めてました。やっと更新出来ます。

それでは今回は、20歳のバスガイドさんです
20歳バスガイドさん_01

今年は春が短かくて、ぽかぽか陽気を楽しむ間も無く、

夏日が来てしまった感じですが、

今回の女性は、その束の間の、冬が終わりを告げて、

春らしい日になり始めた頃に撮影させて下さった女性です

喋り方や声に特徴が有ったので、職業を訊いてみると、

バスガイドさんということで、妙に納得。

社会人になると、プライベートでも仕事の時の口調とかがどうしても出てしまって、

学生時代の友人に会うと、まずそれを突っ込まれるという経験は、

大多数の方お持ちだと思います。

身長は150センチと小さめ。よく笑う子でした。

ニットワンピの下に多少は履いてるということで、パンチラでは無いです。
20歳バスガイドさん_0220歳バスガイドさん_03






足のサイズは22.5センチで、やっぱりちっちゃい。
 
「足って蒸れたりしますか?」と訊くと、

「あ〜、ははは、普段仕事でパンプス履くんで、その時は一応 笑」

バスガイドさんって、スーツの制服にストッキング、パンプスで、

長時間立ち仕事で、かなり足蒸れてそうだな〜と思ってしまいます。
 
「足のニオイって気になったりします?」と訊くと、

「あ〜そうですね、ちょっと」という返答。
20歳バスガイドさん_0420歳バスガイドさん_05





20歳バスガイドさん_0620歳バスガイドさん_07






「足のニオイを嗅がせて下さい」とお願いすると、

まずは「クサイですよ絶対くさいですよ」という反応でしたが、

すんなり嗅がせて下さいました。

実はブーツを脱いだ時から足のニオイがぷ〜んと漂ってきてたので、

これはかなり期待出来ると思い、嗅がせて頂くと、

靴下のつま先・足裏部分は、汗でかなり湿っていて、足の温かさも感じられ、

汗を吸った靴下足の蒸れたニオイが、かなりはっきりと嗅ぎ取れました。

決してクサくは無く、キツイニオイでは無く、

足のニオイフェチにとっては、本当に嬉しいニオイ。

もう一方の足も嗅がせて下さるようお願いすると、

小声で「絶対クサイですよ」と。

はっきりニオイが分かる事を云うと「すいませんごめんなさい」と仰ってましたが、

 「そういうの好きなんで大丈夫ですよ」と云うと、

「あ、そうなんですかっ」と笑ってました。
20歳バスガイドさん_0820歳バスガイドさん_09





20歳バスガイドさん_1020歳バスガイドさん_11






下着が見えないようになってるとの事で、ちょっとだけ服を捲って頂きました。
20歳バスガイドさん_12





20歳バスガイドさん_1320歳バスガイドさん_14






ソフトテニスだったかな?をやられてたそうで、

太ももは全く柔らかくなく、かなり硬かった。

「すいません太って」と仰ってました。

これくらいボリュームが有る太ももも、触り応えが有って良い 
20歳バスガイドさん_15





20歳バスガイドさん_1720歳バスガイドさん_16





本当にありがとうございました