俺って、常に現状に満足出来ない性格で、

新しいカメラ、SonyのRX-100を導入して、一時は満足したけど、

次の瞬間には満足して無い。次はどのカメラを導入しようか、試行錯誤の日々。

家電芸人ならず、家電足フェチ芸人になる日は近いかも。

って、やっぱり芸人なんかい!っていう突っ込みはウェルカムで。

それでは今回は、学生かどうかは忘れてしまった、20歳の美少女さんです
20歳の子_01

紹介文書く時に、大学生か専門学生かの違いって、

それって必要な情報なのかな?と思う時がよく有ります。

どちらも同じ年齢で、同じような学生で、

それに因って足の蒸れやニオイに違いは有るのかな?とか。

受け取り側に印象の違いはあるのかな?とか。

いろいろ書いたけど、実はそれが時に、俺が女の子に聞いたけど、

忘れてしまったカモフラージュになってるということは、

それはfickleになってると願ってる自分が居る。

この時の意味は、本来の"騙す"や"変わりやすい"では無く、

"同じようなことじゃない?"という意味で使っている。微妙なニュアンスの違い的な。

う〜ん、『ビジネス和製英語』ってホントややこしいね。

でも、俺らはそれを明日の月曜日から、それこそビジネス相手に、

これ見よがしに使わないといけない。自分を繕う為に。

バイイングパワー、じゃなくて、素直に購買力って言わない?笑

でもこのブログでは素直な自分のままの言葉で現したい。この子の性格や脚のように素直に。

そんな前置きで、それでは本題に。

身長は155ぐらいだそうで、「普通ぐらい」とおっしゃってました。

服装や顔、身長から、当初は高校生かな?と思って聞いたのですが、

「よく言われます」とおっしゃってました。

そんな時に思うのは、「良かったー!俺だけじゃないんだ!」って。

その逆で、「俺も皆と一緒かー?(>_<)」とも思う。

それって心の何処かで、誰かとシンメトリーで居たいと願ってる現れなのかな?

この時のシンメトリーの意味は(ry  笑
20歳の子_0220歳の子_0320歳の子_04






「汗かいたりします?」 「汗?」

「はい、足の、、、」 「足のですか〜??え、かかない」

「ニオイは気になりますか?」 「ならないです」

「それなら、ニオイするかどうか嗅がせて?」 「え あはは、、、」
20歳の子_05






「凄い良いニオイするー」 「ホントですか??洗濯物のニオイとか?」

実際、本当に良いニオイで、例えるなら、

洗剤をたっぷり使って洗濯した洗濯物を、乾燥機に掛けた後のようなニオイ、

家に乾燥機が無いなら、コインランドリーに入った時のようなニオイ、

洗濯物が蒸されたような、良いニオイでした
20歳の子_0620歳の子_07






可愛いくて、清潔にして、しっかり洗濯してる子なら、

夕方以降の、一日中履いた後でも、

足や靴下はイイニオイを保ってるのかもしれませんね

今回は写真と紹介文が短くなってしまいましたが、

それこそ、靴の中敷きすら撮れませんでしたが、

本当に美少女さんを撮れて、しかも嗅げて、本当に嬉しかったです

本当に感謝しております、ありがとうございました