5日間の短い夏休み、ふと思い立ち、

旅行というより、貧乏旅へ。

それよりもまず更新、ということで、旅先からの更新です
アパレル系専門学生さん_1

撮影のお願いをすると、頷いて即オッケー

色白いですけど、「そーですか?」とあまり言われたことない様子。

やっぱり黒ニーハイ最高です私は黒ニーハイの子が一番好き

夏でも黒ニーハイ履いてくれる子には本当に感謝
アパレル系専門学生さん_2アパレル系専門学生さん_3










アパレル系専門学生さん_4アパレル系専門学生さん_5











足裏を触らせてもらうと、ちょっぴり温かい。

それよりも、ニーハイのくるぶしや足首あたりがツルツルしてて、肌触りが良かったです。
 
靴のサイズは23,5〜24だそうで、この日は24センチのを履いてます。とおっしゃってました。

ソックスの足裏部分に滑り止め。靴脱いでもらわないと分からないことですよね

「ニオイ気になります?」 「自分のってあんまり分からないですよね?」

「じゃあ確認させて?」 「いやいや〜」とつま先を手で隠してました。
アパレル系専門学生さん_6アパレル系専門学生さん_7










アパレル系専門学生さん_8アパレル系専門学生さん_9






それでも嗅がせて頂くことが出来ました

汗の、結構濃いニオイをはっきりと嗅ぎ取ることができました。

やっぱり夏で黒いソックスで、パンプスも足がしっかりと覆われてるタイプのもの。

通気性が悪くて、どうしても蒸れちゃいますね。

嗅いだり、感想を言ってる時、めっちゃくちゃ恥ずかしそうでした。

汗やニオイケアに関しては、「ドラッグストアでケア用品とかを買ったりはしてますけど、、、

あんまりこまめにやってたりはしないですね」とのことでした。 

「自分で嗅いだりします?」 「体硬いので届かないです」 「脱いだ靴下とか嗅がない?」

「あぁそっちですかw バイト先で終った後友達とふざけて嗅ぎあったりします」

お、衝撃的な発言「バイトは何を?」 「ファミレスです」
 
「足元はどんな格好?」 「ズボンで、靴下はこれとか」

「感想はどうだった?」 「あぁ、やっぱりずっと履いてたニオイだな〜って」

やっぱり日本のどこかで、そんなやり取りがあるんですね
 
街でも可愛いソックスの子とかいると見ちゃうそうです。

女の子の脚や足元のファッションを見ちゃう子って、結構いるみたいですね。 
アパレル系専門学生さん_10

アパレル系専門学生さん_11







 

靴も嗅がせて頂きました

汗のニオイが染みこんだ、よく履いた靴だな、というニオイがしました。
アパレル系専門学生さん_12アパレル系専門学生さん_13










真夏の黒ニーハイ、是非撮りたいと思ってたので、撮影させて頂きまして

本当に嬉しかったです。ありがとうございました 



バッグに着替えと必要最低限のものを詰め込み、バイクに積み込む。

事前に告知してなかったので、突然更新が止まらないよう、

旅先から更新する為にノーパソも荷物の一つに。

そして、夏の景色を撮る為のデジカメをパンパンのバックにどうにか忍ばせる。

さあ、いざ出発
道





って、ここどこだ?w 地方の街と街の間はこんな田園風景が広がってて、

次はどんな景色が飛び込んでくるんだろう?どんな街に辿りつくんだろう。  

そんな不安も逆に楽しかったりする。

って思ってた矢先にタイヤがパンク。えぇ〜

それでもいろんな人の優しさに触れ、事なきを得る。

更に2日目は2日目で、雨に打たれ景色は楽しめず、

辿り着いた街や人々は予想とは違い、少々残念な思い出に

でも夜になれば雨は上がり、月が見えた  何だか少し救われた気分になる。

上手くは撮れなかったけど
月







次から次へと目に飛び込む真新しい景色に癒され、

むせ返るような夏の匂い、草木の青臭い匂いに心が躍るのが分かる。

この旅、声掛けするか分からない、というかしないかもしれないけど、

もし撮れたらそれも面白いかも。 

さて、天気に恵まれた3日目、そろそろ出発